忍者ブログ
猟団長『梟』の狩り日記  (C)CAPCOM CO., LTD. 2007 ALL RIGHTS RESERVED.
[306]  [305]  [304]  [303]  [302]  [301]  [300]  [299]  [298]  [297]  [296
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  5f3f9272.jpeg
  
  イライラしたときはカルシウムSPⅦ 梟です


 一見普通に走ってるようにも見えますが片腕を体の前に構えた状態で走る、俗に言う「忍者走り」である



以前イギリス人の知り合い(女性)から「日本にはもうニンジャ居ないんでしょう?」と質問され、何か悔しかったので「居るよ」と答えた事があった


 その後ニンジャや手裏剣の話で多少盛り上がり、危うく彼女のハートを射抜きそうになって慌ててモドリ玉を使ったことは言うまでもない


 「モテますね梟さん」だと?イギリス人女性と言うと聞こえはいいが顔はバサルモス、体はグラビモス、声はヒプノックだもはや人間ではない



 あまりのキメラぶりに「やれやれ親の顔が見たいよ」となげいたら「両親を紹介するわよ」と勝手に結婚フラグを立てられたので閃光玉を投げる→モドリ玉のコンボで事なきを得た。


 クエストはリタイアとなった(討伐限定)があのままでは梟さんの人生がリタイアになるところであった、皆さんもバサルモス系の女性には注意して欲しいと忠告せざるを得ない


 
 
  まぁそんなこんなで今日のMHF




  
 ここ数週間、「プーギー報酬術」が一度も発動していない梟さん。

 
  ログインしている時間は狩りに行きっぱなしでマイガーデンのニャカ壺も虹虹虹とくるくる変わってるというのになんだこの確率の低さは。

 
 報酬術が発動する確率より図書館で超可愛いメガネっ子に高いところにある本を取ってあげて恋が始まる確率のほうが高いんじゃなかろうか、そう考えつつ猟団部屋で張り込んでいると


 

   ・・やはりな。。   1ac49fa8.jpeg



 そうかい女にはそうやってブーブーなつくのかい。

梟さんがエサを与えようとするとヒズメで足の甲を踏んできたりするくせに女にゃそうやって大人しく媚びるってか?もういい、お前の力など借りるものか


4588ce6f.jpeg


  自らのッ


28bbd00d.jpeg



          力でッ 







   報酬をもぎ取tt・・・   86fb9ece.jpeg





     梟    「なぁスロウスちょっとこい」


   スロウス  「?・・・なんでしょう」






c3e04bd6.jpeg
 
  梟  「ピョン君この武器いいよね~」

   
 ピョン 「いいねーかっこいいし変種相手ならラオ地より強いしね~」




  
  
    梟    「あいつさっきのクエでゲリョ頭とか逆鱗とか超出たらしいよ」


   ピョン   「・・・・・へー・・・」



54e0ac31.jpeg

    梟    「俺あたまね。ピョン君心臓」


   ピョン   「了解」





  ・・・俺たちに今必要なもの → リアルラックとカルシウム

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ドンドルマカレンダー
Now Loading...

公式イベントスケジュールへ
最新CM
[12/12 xyepeuiwuu]
[12/12 jnkynvmrix]
[12/12 vxtqfggcag]
[12/12 vexulxtbmo]
[12/11 flyltixmrt]
最新記事
(11/08)
(10/25)
(10/19)
(10/15)
(10/12)
最新TB
プロフィール
HN:
年齢:
40
性別:
男性
誕生日:
1977/05/14
趣味:
武道・音楽・エクストリーム
自己紹介:
 モンスターハンターフロンティア・サーバー3にて活動中の猟団『飛虎』の団長
 MHシリーズは無印からプレイしているベテランハンター。MHG時代より、何故か一緒にクエ行った人に高確率でレア素材が出ることから『仏の梟』とまつりたてられ傭兵団を設立。一度は解散したもののFで元傭兵団のメンバーと再会しここに復活
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]